展示・イベント展示・イベント
展示・イベント

歴博セレクション

予告

開催期間:2020年4月4日(土)~6月28日(日)

※5月11日(月)から15日(金)は展示替えのため休室します。

当館の所蔵品ならびに寄託品をご紹介いたします。

第1展示室

豊臣 vs 徳川 
2020年4月4日(土)~5月10日(日)

 本能寺の変で岐阜城は城主である織田信忠(信長嫡男、1557~1582)を失いました。以後、慶長5年(1600)の関ケ原の合戦の前哨戦で落城するまで、岐阜城主は次々に変わりました。この背景には、岐阜城主が戦乱に巻き込まれ落命したり、岐阜が戦いの舞台となったりしたことがあげられます。本展では、本能寺の変以後の戦いの歴史を、豊臣・徳川両氏の争いを軸に、歴史博物館所蔵の絵画作品や歴史資料をたどりながら紐解いてまいります。

れきはく名品展-寄託品を中心に- 
2020年5月16日(土)~6月28日(日)

 岐阜市歴史博物館では館蔵品のほかに、岐阜市域を中心に多くの作品をお預かりしています。
 これまで、常設展示(総合展示)や特別展・企画展等で折にふれてご覧いただいてまいりましたが、テーマに沿った展示では紹介できない作品も多くあります。
 そこで、“名品展”と題し、考古、絵画、歴史資料等の各ジャンルから逸品をご紹介いたします。岐阜の誇りともいえる作品をご鑑賞ください。

第2展示室

ぎふ歴史物語 伝統の技と美
2020年4月 4日(土)~ 5月10日(日)
2020年5月16日(土)~6月28日(日)

 当館は平成17年3月にリニューアルオープンして以来、2階総合展示室にて原始~現代にわたる岐阜市域の歴史を紹介する「ぎふ歴史物語」、岐阜市が誇る岐阜和傘などの伝統工芸を紹介する「伝統の技と美」を開催してまいりました。
 本展では、現在大河ドラマ館内で公開中の戦国時代の展示を除く、原始~古代、近世~現代の岐阜市の歴史および岐阜市の伝統工芸をご紹介いたします。

get pdf

PDFファイルをご覧になるには、PDFファイルの閲覧用ソフトが必要です。
Adobe Reader(無償)等をお持ちでない方は、のボタンをクリックし手順に従いダウンロードしてからご覧下さい。※別のウィンドウで開きます。