加藤栄三・東一記念美術館
利用案内
展覧会案内
講座案内
栄三の生涯
東一の生涯
所蔵作品紹介
岐阜市歴史博物館


大正
5年

岐阜市美殿町で生まれる
梅太郎・ため夫妻の五男
昭和
9年
(18歳)岐阜中学校を卒業

16年(25)東京美術学校日本画科に入学

22年(31)東京美術学校日本画科を卒業、一采社に参加



第3回日展に「白暮」を初出品、初入選

23年(32)山口蓮春に師事

27年(36)第8回日展「草原」で特選を受賞

36年(45)第4回新日展で初めて審査員となる  以降歴任

45年(54)第2回改組日展「残照の浜」で内閣総理大臣賞を受く

50年(59)日展理事となる



第7回改組日展に「風神」を出品 
これは、兄の「雷神」と対にするつもりで描いた

52年(61)第8回改組日展出品作「女人」で日本芸術院賞を受ける



日展常任理事となる

59年(68)日本芸術院会員となる

62年(71)日展事務局長となる
平成
元年
(73)日展理事長となる

3年
(75)第1回岐阜市民栄誉賞受賞

5年
(77)金閣寺大書院障壁画完成

7年
(79)文化功労者として顕彰を受ける

8年
(80)日展顧問となる



岐阜市名誉市民となる



12月31日死去

9年

藤沢市名誉市民となる