加藤栄三・東一記念美術館
利用案内
展覧会案内
講座案内
栄三の生涯
東一の生涯
所蔵作品紹介
岐阜市歴史博物館


明治39年
岐阜市美殿町で生まれる
梅太郎・ため夫妻の三男
大正12年(17歳)岐阜商業学校を卒業

15年(20)東京美術学校日本画科に入学
昭和
4年
(23)第10回帝展で「夏日小景」が初入選

6年
(25)東京美術学校日本画科を卒業

11年(30)新文展「薄暮」で第一回文部大臣賞を受く

14年(33)第3回新文展「月夜」で特選

20年(39)岐阜で戦災に遭い作品の多くを焼く

23年(42)「創造美術」の創立に参加、第1回展に「月響」を出品

25年(44)橋本明治らとともに「創造美術」を脱退

26年(45)日展に復帰

27年(46)第8回日展で初めて審査員となる  以降歴任

31年(50) 第12回日展に「篝火」を出品
この年以降、長良川の鵜飼を本格的に取材、数多くの作品を描く

33年(52)社団法人日展が新発足、評議員となる

34年(53)第1回新日展出品作「空」で日本芸術院賞を受ける

40年(59)第8回新日展に「雷神」を出品

44年(63)日展理事となる

47年(64)「日本の祭」展を東京で開き「高山祭」など素描を出品

47年
5月24日死去
第3回改組日展出品作品作「流離の灯」が絶筆となる

49年
東京、岐阜で「加藤栄三遺作展」を開催
平成3年
岐阜で「加藤栄三・東一展」を開催

4年
東京で「没後20周年・加藤栄三展」を開催